ダイエット/漢方の和久堂

ダイエット/漢方相談  漢方の和久堂

     
 
 「体重が多い」ことが「肥満」とは限りません。「肥満」とは、体重が多いことではなく、体脂肪が多い状態です。例えば、スポーツで鍛えている人は、身長に比べて体重が重くても、筋肉の重さが大きな割合を占めているので肥満とは言いません逆に、見た目は太っていなくても脂肪組織が多い場合は、肥満と考えることがあります。

成人の体脂肪率の目安として、男性で15~20%、女性で20~25%が標準となります。

 
 
                             
お薦めする漢方薬 肥満とは何か
扁鵲(へんせき) 
(第2類医薬品)
                 
 「体重が多い」ことが 「肥満」とは限りません。「肥満」とは、体重が多いことではなく、体脂肪が多い状態です。例えば、スポーツで鍛えている人は、身長に比べて体重が重くて も、筋肉の重さが大きな割合を占めているので肥満とは言いません。逆に、見た目は太っていなくても脂肪組織が多い場合は、肥満と考えることがあります。
成人の体脂肪率の目安として、男性で15~20%、女性で20~25%が標準となります。
 
 太り過ぎはなぜ体に悪いか
肥満で大きな問題は、肥満に伴う様々な病気です。
肥満が原因で、高血圧、高脂 血症、糖尿病になる。これらは血管を狭くしたり詰まらせたり、動脈硬化を引き起こします。動脈硬化が起こると、脳血管障害、心臓血管障害、腎不全など死亡 率の高い病気になります。その他にも、脂肪肝、睡眠時無呼吸症、腰痛、膝痛など様々な病気の原因になります。
 
肥満の原因と予防
肥満の原因は、「食べ過ぎ」「食習慣」「運動不足」「基礎代謝量の低下」といった生活に関係している要素と、「遺伝」といった要素が絡み合って、肥満になります。
 肥満の予防と解消は、食事の量を減らすこと。アルコールや甘いものを控える。つまみ食いをしない。腹八文目を心がける。食事はゆっくりと。脂質(少量で高エネルギー)を減らす工夫を。蛋白質の取りすぎに注意。バランスよく栄養を取る。
 
ダイエットを成功するために
毎日の記録(食事、体重、歩数など)をつける。
運動を生活に取り入れ、活動的な生活習慣を。(息切れするような激しい運動ではなくて、ウォーキングのように、生活の中で継続して行える程度の運動)
栄養バランスの良い食生活を。(1日30品目を目標に)
ストレスをためない。
家族の協力も大切です。
専門家に相談を。
腸内細菌を増やしてダイエットができる?
◎腸内細菌が人間の食べた物の一部を消費
・動物実験によれば、腸内細菌が消費するカロリーは、私たちが食事で摂取するカロリーの20%を消費するそうです。
 更年期太りでは?
 
更年期には基礎代謝の低下やホルモンバランスの乱れから太りやすくなる傾向があります。
50代女性では84%が隠れ肥満ともいわれています。
脂肪細胞は、大型化することで生活習慣病の原因となる悪玉となり、小型化すると生活習慣病を予防する善玉となります。
大豆の胚芽に多く含まれる
ダイゼイン(イソフラボン)には、大型化した脂肪細胞を小型化する作用があります。また、イソフラボン量が多いほど脂肪細胞を小型化することがわかっています。
発酵した大豆の胚芽から抽出したイソフラボンは、70%がダイゼインです。

 ◇ダイゼインの働き
 ①悪玉脂肪を善玉に(脂肪細胞の分解を促進)
 ②肥満による高血圧が改善
 
 メタボリック症候群と肥満
 
 メタボリックシンドローム(症候群)で最も危険な因子は「肥満」ですが、中でも問題となるのが、内臓脂肪の多い「リンゴ型肥満」です。
内臓脂肪は増えると病気の原因となる物質を分泌して、動脈硬化を促進することがわかっています。
 
 脂肪過多症には、建林松鶴堂「扁鵲」(へんせき)
 
○漢方薬で、(脂肪過多症)の効能・効果がある処方があります。扁鵲(へんせき)です。扁鵲は、体の新陳代謝を活発にすることにより、体の余分な脂肪を落としていく生薬でつくられたくすりです。 
 
 扁鵲(へんせき)とは
 
 「扁鵲」(へんせき)は、漢方処方「九味半夏湯」(くみはんげとう)を加減した薬方です。
「九味半夏湯」は、水毒(体内に不必要な水分の停滞)からくる肥満などに用いられます。この処方に、高脂血症や中性脂肪などに向けて、血・水を重視して薬味を選択してできたのが「扁鵲」です。
「扁鵲」の効能効果は、脂肪過多症です。メタボリックシンドロームの対応薬としても有用です。
 
 【効能効果】脂肪過多症
 ○用法・容量
成人:1回1包、1日3回
食間に、水又はお湯にて服用します。
 ○成分
沢瀉・猪苓・牡丹皮・芍薬・大黄・甘草
半夏・生姜・升麻・柴胡・桂皮
 
 ○より効果的に使用するために
・適度な運動を心がけましょう。
・過食をしない「腹8分目」。
・規則的な食習慣を。夜遅く食事をしない。3食、バランスよく。
・継続しましょう。気長に、急にやせても水分と筋肉が落ちるだけ。
・間食、大酒は控えましょう。
 
 ○「扁鵲」で効果の出にくい人…
・上記の養生法を無視している方。
・甲状腺機能や子宮の異常などが原因でホルモンのバランスが乱れている方。
・極度の冷え症の方。
・ホルモン剤などの薬を服用されている方。
 
 ○ホルモンのバランスの乱れや、冷え症などで基礎代謝の落ちている人は、などで、血行、ホルモンバランスの改善を図ると体調がよくなると共に基礎代謝があがっていきます
ホノミ漢方「エッキ錠」は、血行・ホルモンの乱れを調節します。