皮膚病/漢方の和久堂

皮膚病/漢方相談  漢方の和久堂

     
 

皮膚病は八百八病とも言われるように実に色々な病状を呈する病です。

 
 
お薦めする漢方薬  
 
 アクトマン  
 (第2類医薬品)  
 
 
ワグラスD錠  
(第2類医薬品)  
 
 
ワグラスW錠  
(第3類医薬品)   
   
   
 消風散  
(第2類医薬品)   
   
   
ルミンA   
(第3類医薬品)   
   
 
 腸寿  
   
 (健康食品)  
   
醍醐S  
 
(健康食品)   
   
健調楽   
   
 (健康食品)  
   
イムノラクト   
   
 (健康食品)   
   
※健康食品は、効能効果を謳うものではありません。   
   
                                           
 
 皮膚病の種類
 
 ◇アトピー性皮膚炎
  子供に多い皮膚病といわれていますが、最近では大人にも増えています。
  頭部、顔面、肘、首などに痒い紅斑、丘疹ができます。
  アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹ができ症状が軽くなったり、悪化したりを繰り返します。湿疹のできる場所が、年齢に応じて変わってきます。
多くは、アレルギー反応を起こしやすいアトピー体質の人に起こります。一般にダニやハウスダスト、食べ物などがアレルゲンとしてあげられますが、ストレスなどの心理的要因が大きく影響しているようです。
アトピー性皮膚炎の原因や治療についてについて、化学物質や環境因子、水の安全性、食品添加物、食習慣などなど情報が氾濫しています。このような情報を気にするあまり、神経質になったり、のびのびした日常生活ができにくかったり、ストレスを引き起こして病気の悪化を招いていることもあります。気の持ち方がたいへん大切です。
 ☆遺伝的傾向が強く、抗原抗体反応で起こる病気と考えられていますが、はっきりとしたアレルゲンは見つからず、原因不明の皮膚炎といえます。
 
 ◇湿疹
   皮膚病の1/3~1/4を占める最もポピュラーな皮膚病です。
  紅斑や丘疹・水泡ができたり、時に水泡が破れてびらん面となったり、そして多くはかゆみを伴います。
 
  ☆同じ物質が、何回も接触して皮膚に抗体ができ、抗原抗体反応が起こったり、皮脂の分泌が減少して刺激を受けたり、多汗などによって湿疹がおこりやすくなります。
 
 ◇蕁麻疹
  境界のはっきりした、ちょうどみみず腫れのような皮疹が急激に全身に広がります。
  激しいかゆみを伴うのが特徴です
  みみず腫れのような皮疹は一過性で、短時間に痕跡もなく消えます。
  ☆食品・薬品・日光・気温変化・機械的刺激などにより引き起こされます。
 
 ◇皮膚そう痒症
  皮膚に病変がないのに皮膚が痒くなります。そのため、皮膚をかき破るので、傷、かさぶた、色素沈着などがみられます。
 ☆糖尿病、黄疸、肝炎、腎疾患、更年期障害などの疾患や老化に伴い引き起こされます。
 特に、老人皮膚掻痒症は、日頃から発汗や皮脂の分泌が少ないため、皮膚が乾燥し、わずかな刺激が加わっても皮膚が痒くなります。
 
 ◇にきび(尋常性座瘡)
  思春期以降の人の顔面、胸、背中の中心部にある毛孔と一致した部分に、丘疹、膿庖などいろいろな皮疹ができるものを言います。
  ☆毛孔に皮脂がつまり、そこにいろいろな原因が加わって炎症が起きるのがにきびです。
  原因には、体質的な素因、ホルモン、ビタミン、細菌感染、食事、化粧品などの諸因子が関係しています。
 
 ◇しみ(肝斑)
  主に、35歳位から上の年代の顔面に左右対称形に発生する色素沈着のことを言います。
  色は薄茶色から褐色で、比較的境界がはっきりしており、形や大きさは色々です。
  ☆妊娠、月経不順、卵巣腫瘍などの症状の一つとしてできることもありますが、原因ははっきりしません。
 
 ◇いぼ
  手や足によくでき、比較的若い人に発生します。
  高齢者の場合は、頭・顔・胸・背中などによくみられます。
  ☆ウイルスが皮膚に感染してできますが、高齢者の皮膚にできるものはウイルスが原因ではなく、皮膚の老化の一種とされています。
 
 ◇水虫(汗疱性皮膚炎)
  足の裏等に水庖、膿庖、紅斑ができ、時にひび割れを生じ、強い痒みを伴います。
  皮膚糸状菌(白癬菌)の感染により起こります。
  発汗が著しく、足が不潔になりやすい人に高頻度にみられます。
  同じ糸状菌による皮膚病に、いんきん、たむし、しらくも等があります。
 
 
  漢方ではこう考えます
 
 漢方では、様々な症状は体のバランスが崩れて起こっていると考えて、体全体のバランスを整えるための治療を行います。
  病人の体質のことを漢方では、「証」と呼んでいます。漢方を選ぶ上では、これを正確に見極めることが大切です。
 「証」を決める目安は、次のようなものです。
陰陽: 病気の時期を表します。陰病…機能の衰退状態。陽病…機能の亢進状態。
虚実: 体力の質的な程度を表します。実証…体力があって、元気。虚証…虚弱な状態。
 又、漢方では、陰陽五行説という考え方があります。これは、人体の臓器を五つに分類し、それらが互いに助けあったり、抑制しあったりして、自然界とバランスをとっていると考えるものです。つまり、(金)肺系の虚している状態である喘息、鼻炎、皮膚炎は、肺系を強くする為に、(土)脾・胃系(消化器の働き)と、(水)腎系(水分代謝とホルモンの働き)を補う必要があるのです。
 したがって、喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎を改善するためには、胃の働きと水分代謝、そしてホルモンの働きをよくすることを忘れてはなりません。
 よって、冷たいジュースや食事など暴飲暴食で胃に負担をかけるのはよくないことがわかります。
さらに、胃に負担のこないお薬を選ぶことも必要です。
 
 皮膚病体質のお薬の一番手
 
 ホノミ漢方では、昔の人と比べると比較的体力がなく、胃腸も弱い現代人のことを考慮して、皮膚の状態に応じて、間違いなく、しかも使い分けのしやすい薬を創り出しました。
・アクトマン: かゆい皮膚病の1番手。
・ワグラスD錠: うんだ皮膚病の1番手。
・ワグラスW錠: ただれた皮膚病の1番手。
 
 ホノミ漢方「アクトマン」
 
 ■アクトマンは、アレルギー体質の人のにきび、湿疹、皮膚炎、蕁麻疹、皮膚ソウ痒症といった皮膚の苦情を改善するために考え出された生薬製剤です。

■アクトマン中のオウレン・オウゴン・オウバク・サンシシ・サイコは皮膚病の原因となる内臓機能の乱れを整えて皮膚の炎症を鎮め、トウキ・シャクヤク・センキュウ・ジオウは血行を良くして皮膚の病状回復を促し、カンゾウはアレルギーの症状を抑えるように働きます。

【効能・効果)アレルギー性体質のものの次の諸症;
ニキビ、湿疹、皮膚炎、蕁麻疹、皮膚掻痒症、はなぢ
 
 ホノミ漢方「ワグラスD]
 
 ■化膿(うんだ)・炎症性皮膚病の漢方薬
・ワグラスD錠は、腫物(できもの・おでき)やリンパ腺炎といった化膿・炎症疾患を改善するために考え出された生薬製剤です。


■ワグラスD錠中のキキョウ・キジュツ・シャクヤクは排膿を促し炎症を鎮め、ショウキョウ・カンゾウ・タイソウは自然治癒力を湧かせ、化膿・炎症疾患の病状回復を早めるように働きます。

■こんな時にもワグラスD錠
目に見える外側の皮膚だけでなく、内側の粘膜に細菌感染、化膿が起こっていることもあります。例えば、
・風邪のときののどの痛み
・膿汁の多い蓄膿症
・歯槽膿漏
・中耳炎
・化膿性の痔瘻
・など。こんな時にもワグラスD錠を用いることができます


【適応症】
化膿性疾患(フルンケ、カルブルンケ、腫物、るいれき、リンパ腺炎、蓄膿症、歯槽膿漏、中耳炎、乳腺炎)の改善又は回復促進
 
 
 ホノミ漢方「ワグラスW]
 
 ■ジュクジュク型の皮膚病改善薬
・ワグラスW錠は、じめついたり、ただれたりした皮膚病を改善するために考え出された生薬製剤です。
 ワグラスW錠中のオウギは皮膚を力づけ、
ブクリョウ・ビャクジュツは体内の不要な水分を排出させ、
ケイヒ・シャクヤクとともに皮膚のじめつき・ただれなどの皮膚症状の改善をはかります。
タイソウ・ショウキョウ・カンゾウ・タイソウは自然治癒力を湧かせて、浸潤性(じめつく)や潰瘍性(ただれる)皮膚病の病状を回復を早めるように働きます。
 【適応症】
 浸潤性(じめつく)及び潰瘍性(ただれる)の皮膚病
 
 爛れた皮膚・化膿した皮膚に 「黄色ワグラス軟膏」。
■黄色ワグラス軟膏中のスルフイソキサゾールが原因菌を殺菌し、塩酸ジフェンヒドラミンがかゆみを鎮めます。オウバクにも殺菌作用があり、ウコンは患部(症状の出ているところ)の血行をよくして、症状の改善を早めます。また、黄色ワグラス軟膏に使用しているマクロゴールは、患部からしみでている滲出液を吸収し、有効成分が患部によく浸透するように働きます。
【効能・効果】
化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)
カサカサする皮膚に 「赤色ワグラス軟膏」
■赤色ワグラス軟膏中のシコンはトウキとともに肉芽形成作用により傷口の治りを早めます。また、トウキ・シコンの成分を引き出すゴマ油は乾燥している皮膚にもよくなじみ、患部に潤いを保つように働きます。
【効能・効果】
くさ、急性・慢性湿疹、おむつかぶれ、しもやけ、股ずれ、かみそり負け、火傷、凍傷、ひび、あかぎれ、外傷、あせも、ただれ、くつずれ
自然治癒力とルミンA
誰もが持っている、健康になろうとする力「自然治癒力」。からだの中に侵入した、ウイルスなどの異物を排除したり、傷ついた組織を修復し、元の状態に戻そうとしたり。健康に欠かせない、大切な力です。
「ルミン」は、戦時中に鉄砲の傷痕や結核患者の治癒促進に使われていましたが、戦後、抗生物質万能の時代になって影をひそめていました。ところが、予防医学や病気に対する自然治癒力が見直されてきて「ルミン」のその真の働きが注目されるようになりました。
アレルギーは、免疫の行き過ぎが原因です。感光色素「ルミン」を飲むと、異物に対して過剰に反応しなくなり、症状も緩和されてくることがあります。活性化したマクロファージの働きで体内の免疫調整が行われるためと考えられます。