高血圧/漢方の和久堂

高血圧/漢方相談  漢方の和久堂

     
 

「血圧」とは、血液が全身を循環するときの血管壁にかかる圧力のことです。この血圧の値が、慢性的に一定の基準値を超えている場合が「高血圧」です。

高血圧の状態が長期間続くと、血管と心臓に過度の負担がかかり、動脈硬化を引き起こしその結果、脳、心臓、腎臓などの主要臓器に生命に影響を与えるような障害をもたらします。

 
 
お薦めする漢方薬
 サイロ
 (第2類医薬品)
サイロ
サイロヤング錠
 (第2類医薬品)
サイロヤング 
(第2類医薬品)
松寿仙
 (第3類医薬品)
松寿仙 
 
 
 
                                           
 
血圧とは・・・
 
 「血圧」とは、血液が全身を循環するときの血管壁にかかる圧力のことです。この血圧の値が、慢性的に一定の基準値を超えている場合が「高血圧」です。
高血圧の状態が長期間続くと、血管と心臓に過度の負担がかかり、動脈硬化を引き起こしその結果、脳、心臓、腎臓などの主要臓器に生命に影響を与えるような障害をもたらします。
 
 血圧の測定
 
 ・収縮期血圧:心臓が収縮し、血液が押し出されるときの動脈の圧力(最高血圧)160㎜Hg以上で高血圧
・拡張期血圧:心臓が拡張し、静脈から心臓に血液が流れ込むときの動脈の圧力(最低血圧)95㎜Hg以上で高血圧
血圧は絶えず変動しています。1回の測定値だけでは高血圧とは決められません。普段から血圧に注意し、自分の血圧の様子を知っておくことも大切です。
自分の血圧を正しく知るために、リラックスして、運動や、喫煙、飲酒、食後は避けて血圧測定を行ってください。
 
 高血圧の症状
 
 
 
 高血圧の原因と分類
 

血圧には原因を特定できない「本態性高血圧」が全体の95%を占めます。残りの5%は腎臓やホルモン異常など他の病気が原因で起こる「二次性高血圧」です。「本態性高血圧」は原因が不明とはいえ、血圧を上げる要因は数多くあり特定の因子というよ利、複雑に重なり合って高血圧を引き起こすものと考えられます。遺伝・腎性因子(ナトリウムの排泄に障害があり、体内にナトリウムがたまりやすい)・交感神経の緊張・動脈硬化などによって血管の内腔が狭まる・血圧に関するホルモンの異常・そのほか、食塩、肥満、喫煙、飲酒、などが血圧を上げる因子としてあげられます。

養生をしましょう 
 
  • 肥満に注意
    肥満は、心臓などの循環系をはじめ、身体に負担をかけて血圧を上げてしまいます。また、肥満の人は、糖の処理にインスリンを大量に分泌しなければなりません。このインスリンは、血圧を上げる要因になります。
    食事は、腹八分目の量を目安に、間食は厳禁です。そして食事を抜くとかえって食べ過ぎてしますことにもなるので、1日3食はきちんと取りましょう。
  • 塩分のとり過ぎに注意
    日本人は比較的、塩分を取りすぎる傾向にあります。食塩のナトリウムは血圧を上げます。味付けを工夫して、今食べている濃い味をうすくして減塩を心がけましょう。
    例えば、柑橘類や酢の酸味・ごまのコクのある味や香りをうまく利用したり、昆布やかつお節などの天然の食品からだしをとるのも良い方法です。
  • タバコは厳禁
    タバコに含まれるニコチンは交感神経を興奮させ、血管を収縮させる働きがありますので、高血圧の人は禁煙しましょう。
  • 動物性脂肪のとりすぎに注意しましょう
    食事の欧米化でコレステロール等の動物性脂肪を多く含む肉類の摂取が増加しています。
    そのため、血液中のコレステロールが増え、余分なコレステロールは血管に沈着して動脈硬化を引き起こし、血液の流れを悪くしてしまいます。
  • 野菜【緑黄色野菜)をしっかり摂りましょう
    野菜には、血圧を上げる成分のナトリウムと拮抗するカリウムが多く含まれています。
    また、食物繊維も豊富で、この食物繊維はナトリウムの吸収を阻害する働きもあります。
  • ストレス解消を
    イライラ・カリカリすると交感神経が興奮し血圧を上昇させてしまいます。
    このイライラ・カリカリを引き起こすようなストレスが持続的に続くと血管平滑筋の収縮、肥厚が起こって持続的な高血圧になると言われています。
    このストレスを解消するためにも、趣味などをうまく取り入れ、いつまでも考え込まないようにすることが大切です。
  • 趣味や運動、そして睡眠
    趣味や運動は気分転換になり、また適度な運動は摂取したエネルギーを消費するために必要ですし、肥満防止に有効です。
    1日20分~30分程ウォーキングのための時間を設けると良いでしょう。
    睡眠は疲労を取り、身体にエネルギーを貯え、病気を治す力を湧かせます。
 
 漢方ではこう考えます
 
 漢方では、降圧薬のように血圧を下げることだけを目的とした薬はありません。高血圧は何らかの原因で身体が血圧を上げることを必要としているからです。血圧を一時的に下げるだけでは、高血圧体質の改善にはなりません。高い血圧を必要としている身体のアンバランスを整え、高血圧に伴う随伴症状を取り除く漢方処方を選薬します。
 
 【高血圧に利用される漢方処方】
 
  • どの臓器が原因になって身体のアンバランスを起こしているか、どんな苦情が起きているかを考え処方します。
◇ 心  
  • 体力もあり、胃も強い【三黄瀉心湯】
  • 体力の比較的弱いとき【苓桂朮甘湯】
◇ 胃
  • 体力があり、胃が亢進している便秘症【防風通聖散】
  • 体力があり、胃が亢進している時【半夏瀉心湯】
  • 胃腸の比較的弱い時【黄連湯】
◇ 腎
  • 腎が悪く水分代謝に問題のあるとき【五苓散】
  • 貧血があって胃に苦情がないとき【当帰芍薬散】
  • 体力のあるホルモン分泌不足者で、胃腸が丈夫【八味地黄丸】
◇ 子宮
  • 体力があり、胃に苦情がない【桂枝茯苓丸/桃核承気湯】
  • 体力は比較的強く、胃に苦情がない【加味逍遥散】
◇ 肝
  • 体力があり、胃が強い時【柴胡加竜骨牡蠣湯/大柴胡湯】
  • 体力のない時【柴胡桂枝乾姜湯】
 
【漢方薬の処方の選び方の注意 】 
 
  • 新陳代謝を盛んにするエネルギーが充分にある。
  • 高血圧の原因も色々あれば、用いられる漢方薬も色々です。沢山ある処方の中で、最も身体に適した処方を選び出すことは大変難しいことです。専門家に良く相談することが大切ですが、昔からよく使われている漢方処方の多くは、体力の充実した、胃腸の強い人向きのようです。現代人は昔の人に比べると、比較的体力のない胃腸の弱い人が増えています。
    現代人の体質に合った高血圧の処方を考えたときに、ホノミ漢方のサイロ・サイロヤング錠があります。。

 
 ホノミ漢方 「サイロ」・「サイロヤング」 
 
◇ 昔の人と比べると比較的体力がなく、胃腸も弱い、こんな現代人の高血圧症を考えて創り出されたお薬が、「サイロ」「サイロヤング」です。
「胃は中なり」との言葉があるように、胃は身体の中心にあって、大切な働きをする臓器です。胃腸の働きが弱ると、身体が弱り、病気への抵抗力も落ちてしまいます。
高血圧症体質改善薬 「サイロヤング錠」サイロヤング
血液・ホルモンの働きが悪い 虚弱体質の高血圧に…
【構成生薬】 ・黄耆(おうぎ)不必要な水分を出す利水の働きをします。
・黄柏(おうばく)腎・膀胱の炎症を抑えます。
・釣藤鈎(ちょうとうこう)血圧を降下させながら神経のたかぶりを鎮めます。
・当帰(とうき)。芍薬(しゃくやく)・川芎(せんきゅう)・地黄(じおう)
4つの漢薬が互いに助け合い、増血・血行を盛んにし、ホルモンの分泌を促します。
「高血圧症改善薬」 サイロ
サイロ
【構成生薬】 
・石南葉せきなんよう):腎の働きを盛んにして、ホルモンの分泌を促して、排尿を整え、血圧を調整。
・槐花
(かいか): 血管を強化し、出血を止める。
・吉草根(きっそうこん): 大脳の中枢神経を鎮め、イラツキを抑えて、血圧を安定させる。
・川芎(せんきゅう): 血行を盛んにし、イライラを鎮める。血行不良からの頭痛を治す。
・決明子(けつめいし): 不良便を排出し、血圧を上げるのを防ぐ。ホルモンの分泌を盛んにする。

 
 降圧丸
 
 ●近代中国の北京四大名医のひとりといわれた施今墨(せこんぼく)によって処方された高血圧に伴う不快な症状を改善する中国の薬です。
●動物生薬2種と植物生薬8種、鉱物性生薬1種を配合し、高血圧の人の「頭痛、動機、手足のしびれ、肩のこり、のぼせ、いらいら、めまい」に効果があります。

【構成生薬】 
・沈香(ちんこう): 理気…気の巡りを良くし、痛みをとめる。
・川芎(せんきゅう): 活血…瘀血(おけつ)を改善し、血管を拡張する。
・当帰(とうき)阿膠(あきょう): 補血…血液を養い、血行をよくする。
・羚羊角(れいようかく)天麻(てんま): 熄風鎮痙…頭痛・めまい・痺れ・ふらつきを鎮める。
・琥珀(こはく): 重鎮安神…精神を穏やかにする。
・黄連(おうれん)地黄(じおう): 清熱…熱を取る。
・大黄(だいおう): 瀉下(しゃげ)…便通を促進する。
・甘草(かんぞう): 調和諸薬

血圧が高くなると、頭痛、めまい、のぼせ、いらいら、肩こり、など様々な深い症状が起きます。高血圧は、そのまま放置すると、動脈硬化が起こり、重篤な合 併症を引き起こします。大事に至る前に、身体が発するこれらのシグナルに早めに対処することが何よりも大切です。漢方では、病は、生体のバランスの崩れか ら生じると考えます。
降圧丸は、無理に血圧を下げるのではなく生薬の力で、乱れたからだのバランスを整え、血圧の安定を図り、高血圧に伴う、めまい、いらいら、のぼせ、肩こり、頭痛、手足のしびれ、動悸を改善します。

血圧が高くなると、頭痛、めまい、のぼせ、イライラ、肩こり、など様々な不快症状が起きます。
高血圧は、そのまま放置すると、動脈硬化が起こり、重篤な合併症を引き起こします。
大事に至る前に、身体が発するこれらのシグナルに早めに対処することが何より大切です。