免疫ミルク/漢方の和久堂
     

     
免疫ミルクとは


生まれて間もない赤ちゃんは、ほとんど無防備な状態にもかかわらず、生後半年間ほとんど病気をしません。
それは、赤ちゃんはお母さんのお乳から抗体や生理活性物質をもらっているからです。とくに、お母さんの初乳には「免疫ブログリン (=抗体)」などが濃厚に含まれています。
この、母から子へ初乳を通して与えられる「母子免疫」の仕組みを、体力や免疫力の弱った人に応用できないか?と考え、高度なバイオ技術により乳牛にワクチンを投与し、人間の健康維持に欠かせない26種の抗体などを含む「免疫ミルク」を誕生させました。

広々としたニュージランドの牧場で健康的に育った健康な乳牛に、悪玉菌(ヒトに危害を与える恐れのある26種の病原菌)をワクチンにして継続的に投与します。
乳牛の体内では、この悪玉菌に対する抵抗力を高めるための抗体や様々な生理活性物質が生み出されます。
(予防接種と考え方は同じ)

乳牛の体内で生み出された「免疫力を高める抗体」や炎症を和らげる「抗炎症因子」、血圧低下、コレステロール低下などに関与する「生理活性物質」がそのまま牛乳に含まれます。
この乳を滅菌処理、特殊な低温乾燥法で濃縮乾燥され、粉末状にされます。
そのため、搾りたてのままの機能を保つことができます。
免疫ミルクの成分は普通のミルクと比べると、脂肪分がほとんど含まれていませんので低カロリーです。

   毎日続けることにより、腸内環境が改善され、腸管が健康になるので、身近な例としては・・・
  ●風邪をひきにくくなる
  ●風邪にかかっても軽度で済む
   特にご高齢の方には大変強い味方になっています。
  腸内環境が改善されることによって、種々の症状の改善が期待できます。
 ●便日が改善される
 ●高コレステロール血症が改善傾向に
 ●アレルギー疾患の改善が期待できる
   (喘息、アトピー、花粉症など)
 
  継続することで、健康維持の他に特に顕著な成果がミられるのが
     リウマチの疼痛、腫脹、こわばりなどの「痛み」の緩和です。
 
   喘息症状(特に高齢者)の軽減
 
  自己免疫疾患で薬剤投与治療通の場合、(関節リュウマチ、膠原病など)
 
   薬剤による「免疫力低下」を防ぎ、また、薬剤の副作用も軽減することが可能。
 
  ※免疫ミルクは健康食品です。なんにでも効くとか、なんでも治せると、過大な期待をせずに、生体防御の手段の一つとして利用されることをお勧めします。
 
 
免疫ミルクは健康補助食品で医薬品ではありません。
米国では大学の研究機関や病院で安全性試験が行われた結果、アメリカ食品医薬局(FDA)および農務省(USDA)によって、安全性が認められています。ニュージーランドや日本でも安全性が認められ、一般食品として市販することが許可されています。
主な安全性試験 試験内容と結果
オハイオ州立大学での試飲試験 ボランティアの成人男女108名(平均年齢30歳)が3週間連続試飲。全員異常なし。
ロンドン、チャーターハウス病院出の試飲試験 ボランティアの成人男性20名(20〜30歳)が二重盲検法で1日2回、6週間連続試飲。全員異常なし。
アラバマ州立大学での安全性試験 男女20名が二重盲検法で1日2回、6ヶ月連続試飲。全員異常なし。
シンシナティ児童病院での安全性試験 FDAの許可のもとで行われ、安全性試験において異常が全くないことが証明された。
 
   
牛乳アレルギーの方や生まれつき乳糖分解酵素の乏しい乳糖不耐性の方以外は問題ありません。
次の条件に合う方は控えたほうがよいと思われます。

・先天性乳糖不耐性の方(後天的な方の場合には、少しずつ飲んで体を慣らしていくようにします。)
・腎臓病で医師から栄養摂取の制限をされている方。
・重い肝臓病の方。
・牛乳アレルギーや食物アレルギーの方。


 
 糖尿病体質
 胃腸病
 女性病体質
 痔の相談
 高血圧
 神経痛・リウマチ体質
 体質改善
 眼の病
 心と身体
 皮膚の相談
 アレルギー性鼻炎
 蓄膿症
 便秘
 肝臓病・腎臓病体質
 風邪
 ダイエット