タチカワ電解カルシウム/漢方の和久堂
     

     
タチカワ電解カルシウムについて
タチカワ電解カルシウムは、吸収のよい、良質のカルシウム製剤です。私たちのからだにとって、カルシウムは必要不可欠のものであり、骨格の主要成分です。この重要なカルシウムが、私達日本人に、ともすれば不足がちなのは注意を要することです。
例えば、カルシウムを豊富に含む海藻や野菜を摂っても、植物中のシュウ酸やフィンチ酸と結合するとカルシウムが不溶性になり、体内に吸収されません。カルシウムはイオンとして吸収されてはじめて効果が現れるのです。
タチカワ電解カルシウムは、イオン化されたカルシウムです。無色無臭でpH11〜13のアルカリ性の水溶液でカルシウムイオンによる特徴のある味をわずかに感じさせます。
 吸収がよく、カルシウム補給に効果があります。
 
使用上の注意
【相談すること】
1,次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください。
医師の治療を受けている人。
 2,次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、使用を中止し、医師又は薬剤師に 相談してください。  便秘
3,しばらく服用しても症状の改善がみられない場合には、医師または薬剤師に相談してください。 
 
【効能効果】 
カルシウム不足  
栄養補給を目的としたカルシウム補給。
授乳期及び小児発育期のカルシウム補給

【用法・用量】
成人は1日量10mlを3回にわけ空腹時に服用します。
小児は成人の半量です。
「用法・用量に関する注意」
1)服用前にお茶を飲まないで下さい。
2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてい下さい。
3)定められた用法・用量を守って下さい。

【成分・分量】
本品は100ml中、カルシウム[Ca++]として80mgを含有しています。
 【保管及び取扱い上の注意】
1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。
2)服用後は、密栓し、冷蔵庫に立てて保管して下さい。
3)液はなるべく振らないで下さい。
4)添付の計量カップは、ご使用のつど水洗いなどして常に清潔に保管して下さい。
5)本品を使用中、ビン口のまわりが白くなることがありますが、これは空気により酸化されたカルシウム結晶ですので、服用にはさしつかえありません。
6)しょうにの手の届かない所に保管して下さい。
7)品質を保持するために、他の容器に入れ替えないで下さい。
8)使用期限をすぎた製品は服用しないで下さい。
 
 【発 売 元】  森田薬品工業株式会社
【製造販売元】 株式会社 山崎帝國堂
 
 
 
 長年にわたって飲まれているタチカワ電解カルシウム。それにはきちんとした理由があります。
カルシウムをしっかり摂っている人と、カルシウムが不足しがちな人の差について、疫学調査を行った報告があります。
 

早朝尿中カルシウムとヒドロキシプロリンを調査

 
 
・カルシウムをしっかり摂っている人 ・カルシウムが不足しがちな人
 
 あれっ、カルシウムをしっかり摂っている人のほうが尿中のカルシウムが少ないのはどうして?
 
 血液中のカルシウム濃度は一定に保たれています。濃度が低下すると骨に蓄えたカルシウムが溶けるのを促進、不足分を補います。
逆に、濃度が上がりすぎるとカルシウムが溶け出すのを抑えます。

その際、余分なカルシウムは尿となって排出されるのです。尿中のカルシウム分が少ないということは、体のなかでしっかり使われるということを示しているのです。
 
 
ヒドロキシプロリンの値も、カルシウムをしっかり摂っている人のほうが低い!
ヒドロキシプロリンって何?
ヒドロキシプロリンは、骨からカルシウムが溶け出る前にできるものです。つまりこの量が少ないということは、骨のカルシウムをあまり使わなくても、血液中のカルシウム濃度が一定に保たれているということです。
 
 ※つまり、カルシウムをきちんと補給していれば、骨に蓄えたカルシウムをあまり使うことなく、摂取したカルシウムをからだの中で有効に使うことができるということです。
 
 
 
 カルシウムというとすぐに『骨や歯を作る』ことを想像しますが、それ以外にも実に様々な働きがあります。
 
  • 血液の凝固に働きかける
  • 細胞膜浸透性の調整を行う。
  • 心拍動の刺激伝達に関わります。
  • 神経の刺激伝達に関わります。
  • 酵素の活性化を行う。
 
 いずれも、私達が生きていくために欠かすことのできない働きに関係した栄養素なのです。
しかも日本人に唯一不足している栄養素。毎日きちんと摂取することが必要です。
 
 
 糖尿病体質
 胃腸病
 女性病体質
 痔の相談
 高血圧
 神経痛・リウマチ体質
 体質改善
 眼の病
 心と身体
 皮膚の相談
 アレルギー性鼻炎
 蓄膿症
 便秘
 肝臓病・腎臓病体質
 風邪
 ダイエット